永久脱毛の痛み

永久脱毛は脱毛の中でも痛みが強いと言われている脱毛方法です。現在行われている永久脱毛はほとんどがレーザー脱毛です。レーザー脱毛はエステサロンで行われている光脱毛と施術方法はほとんど変わりありませんが、レーザー脱毛の方が痛いと感じる人が多いでしょう。何故なら、レーザーを直接皮膚に照射しているからです。レーザーは細胞に負担を掛ける事なく、皮膚の内側の毛や毛母細胞のみに効果を与えます。しかしその際の刺激が痛いと感じる人が沢山いるのです。特に、毛が太い部分であればある程刺激を感じやすくなっているでしょう。脇の下やVライン、ハイジニーナ部分は他部位と比べて毛が太く濃く密集しています。そのため、他の部位よりも痛みを感じやすいのです。永久脱毛の痛みはハリで刺したような痛みやちくっとする痛み、ゴムでぱちんとはじいた痛みと形容されることが多い痛みです。太股や腕等毛が細い部分であればほとんど痛みを感じる事なく脱毛の施術を行うことが出来ますが、部位によってはそうはいきません。どちらにせよ、永久脱毛の痛みは個人差が大きい物なのです。