永久脱毛の仕組み

永久脱毛で行われているレーザー脱毛は、レーザー光線を皮膚に照射することで脱毛効果を実感できる施術です。レーザーはもともとホクロやシミやそばかすの治療にも使われていました。レーザーを照射することで、皮膚の下にある黒いメラニン色素に熱を与え、細胞を傷付ける事なく効果を与える事が出来ます。脱毛を行う場合、レーザーは皮膚の中にある毛や毛を作る毛母細胞に熱を与えています。この熱が毛包全体に広がり、周囲に広がり、毛母細胞が徐々に破壊されています。そのおかげで、毛がどんどん生えて来なくなるのです。医療レーザーは高い効果を実感できると話題の脱毛方法です。しかし、基本的には濃い毛に特化した脱毛方法となっています。女性の手の甲や腕、顔等の細い毛にはなかなかレーザーが反応せず、高い効果を発揮することが出来ません。現在は改良され細い毛に対しても効果を実感する事が出来る様になってきましたが、やはり毛が太く濃い部分の方が高い効果を実感しやすいでしょう。熱を送り、毛根から毛の成長を絶つ事で効果を実感できるのが医療レーザーなのです。