永久脱毛のレーザーの仕組み

クリニックで行われる医療レーザー脱毛は、永久脱毛の一つです。皮膚にレーザーを照射することで、脱毛効果を発揮します。脱毛施術をする前は、毛を剃った状態で行います。表面に出ている毛を全て剃り、レーザーの照射を皮膚内にある毛穴から除いた黒い色に反応させる為です。レーザーを照射させると、レーザーが黒い毛に吸収されて熱を持ちます。この熱はどんどん周囲に広がっていくでしょう。熱に直接ダメージを与える事で、毛と毛を育てる効果がある毛母細胞が破壊されていきます。そのため、残っている毛もどんどん抜け落ちていくでしょう。これを繰り返す事により永久脱毛の効果を実感する事が出来ます。熱を受けた毛や毛母細胞は一度で全て無くなってしまう訳ではありません。何度も回数を重ねて照射することでどんどん弱まり、次第に毛が生えなくなってきます。また、毛根は常に全ての毛根が生えている訳ではなく休息と成長を繰り返しています。そのため回数を重ねて脱毛をしなければ、全ての毛根に熱ダメージを与える事が出来ずきちんとした脱毛効果を与える事が出来ません。